分かりやすいカード現金化 転売による方法

現金化ならばやっぱり転売

カード現金化に当たっては業者を利用するという手もありますが、どうしても還元率というシステムに納得できない!なんていう人ならば個人で行うしかありません。
個人でのカード現金化はなかなかリスクが大きい反面、成功した時には還元率も100%を越えることもあるかも。という期待も出来ます。

幸いな事に最近ではネットの普及に伴って、様々な売買の場所が提供されていますのでその辺りを状況に応じて使い分けることが成功への近道なのではないでしょうか。

思いつく所では、ブランド品買い取りショップ、インターネットオークション、フリマアプリ等々様々な物がありますね。
特にインターネット上では大勢の人達が色々な物を売買しており、こちらもかなりの市民権を得ているのでカード会社から不審に思われることも少ないのではないでしょうか。

そんな個人でのカード現金化ですが、行うに当たっては事前に様々な商品知識や、相場を読む力が必要とされます。

ただ高そうな物を買って適当に売りさばくだけで成功出来るようならば誰も苦労することはありません。まず商品を購入する時から目利きが必要にはなります。

高く売れる時もあるけれど

そのようにして自分が選んだ商品をネット上でオークションに掛けたとしても必ずしもその商品が売れるとは限りません。
定番商品というのならば、値段を下げさえすればいつかは買い手が付くかもしれませんが、定価の8割程度にしかならなかったというのならば業者を使った方がずっと良いです。

何しろネットオークションというのは基本的に稀少品以外は定価より安値で購入したいと思っている人達がアクセスする場所ですので、定価ならば普通にショッピングサイトを利用した方が安心だからです。

もしカード現金化の為に購入した商品が、希少価値の高い物であるという事が分かったのならば、インターネットオークションに出品し、それほどまでに希少価値のない物ならばまた別の場所で売ることにしましょう。

時にはこんな手も

クレジットカードを使って買い物をして、カードの締め日が過ぎてから返品手続を行うと現金での返金を行ってくれるという店舗も中にはあります。
この手段を使うと労せずとも還元率100%でカード現金化することが可能です。

ただ何度も同じ店舗でこのような手段を使ってしまうと店側からも警戒されてしまうことになってしまいますので、何度も使える手段ではありませんし、締め日直前のタイミングで行うことも必要になります。

なかなか使う手段が少ないようにも思いますが、方法の一つとして頭に入れておいても良いのではないかと思います。

個人で行うには限界もあるけれど

どれほど頑張って成果を上げたとしても、カード現金化自体にはあまり儲けが出るような性質はありません。
結局のところマイナスになりさえしなければ良いのだとするのならば行為自体の意味もなくなってしまいますので、現金が必要な時にまとめて行うことが良いでしょう。

クレカ堂 口コミ評判

更新情報